スタッフブログ

2017.01.08 ソラマドデッキのメンテナンス

2017年、明けましておめでとうございます! 今年もソラマドおおいたをヨロシクお願い致します!   さて、今日は「ソラマドデッキ」のメンテナンスについてご紹介。 2016年の年末、武蔵町に建つソラマドのウッドデッキのメンテナンスに伺いました。 いつもはソラマドオーナーであるご自身でのメンテナンスをお願いしているのですが、今回はデッキ材が特殊なモノを使っていたため、初回メンテナンスはコチラでレクチャーさせて戴きました。 ココのソラマドデッキは「セランガンバツ材」という木材を使って作っています。 セランガンバツは非常に堅い材質でして、高耐久性で水に強いデッキ材です。 お値段は、いつも使ってる杉材に比べるとチョット高いかな。 基本的には非常に高耐久な素材なので、今回塗る「キシラ

read more →

2016.12.04 器用な家

「便利さ」を求めて家づくりをされる方もいます。   「機能性」を求めて家づくりをされる方もいます。   「効率」を求めて家づくりをされる方もいます。   それらは一見、とても大切なコトだとは思います。   それらがすべて揃った家。   とても「器用な家」だと思います。   そして、そんな「器用な家」で育った子どもたちは、そのコトが当たり前として育つでしょう。     でも、僕たちはそんな「器用な家」をつくる自信はありません。   僕たちのつくる家で、子どもたちに身につけてほしいコト。   それは「暮らす」というコトに対して、知恵を出し、工夫でき、そして楽しめる力を養ってほしい。     お金では買えないコト。   一生に一度の「高い買い物」が、ただの「高い買い物」にならないように。

read more →

2016.10.16 大分で年間12棟の理由

みなさんこんにちは! またまた、お久しぶりなブログ更新です。 すみません m(_ _)m さて、反省もそこそこに今回は「大分で年間12棟の理由」と題して、少しつらつらと書きたいと思います。 まず初めに、僕たちソラマド大分は年間12棟しか家をつくりません。 なぜなら、僕たちの家づくりはチョット特殊だからです。 何と比べて特殊かというと、全国的に主流となっている一般的なハウスメーカーさんの「家づくり」の方法と比べて、ということです。 因みにですが、全国大手のハウスメーカーさんって、年間どれぐらいの家を作ってるかご存知ですか? 積水ハウスさんで約2万棟、ダイワハウスさんで約1万5千棟、タマホームさんで約1万棟ぐらいです。 スゴイですよね。 年間12棟の僕たちからすると、なんか想像出来ない

read more →

2016.08.05 「自宅がモデルハウス」というコト

みなさんこんにちは! 8月になり、子どもたちも夏休みに突入ですね。 とはいえ、お盆も過ぎれば宿題の追い込み体制ですね。 1年なんて、ほんとうにアッという間ですね。 さて、今日はソラマド大分のモデルハウスのコトを少し書きたいと思います。 みなさんご存知のとおり、ソラマド大分のモデルハウスは実際に人が暮らしている「住宅」でもあります。 ふつうは「モデルハウス」って、人は暮らしていませんよね。 「暮らしてる風」には演出してるかと思いますが。 僕たちも、当初は一般的な住宅会社が運営(建設)している「モデルハウス」をイメージしていました。 でも、今の住みながらの運営方法になった理由は二つあります。 まずは「お金」のこと。 いくら「モデル」としての建物とはいえ、それなりに建築費もかかります。

read more →

2016.06.13 ソラマドキッチンって

みなさんこんにちは! 超お久しぶりにBlog更新です。 ちょっとサボってしまいまして、スミマセン。 最近、モデルハウス見学のお申込が凄まじく、暮らしながらのモデル運営もバタバタとしています。 でも、いかにも「モデルハウス」という感じではなく、等身大の暮らしの姿を感じてもらいたい気持ちで、僕たちも頑張って運営しております。 なかなかご希望の日程でご案内出来ないこともありますが、どうかご理解とご了承お願い致します。 さて、今日の本題の「ソラマドキッチン」です。 今月のお引き渡しのソラマドのキッチンをご紹介。 よく「ソラマドのキッチンの下は何も無いんですか〜?」って聞かれます。 みなさん、それぞれ打合せの中で「作り込み」について決めていきます。 こんな感じの、いつものソラマドキッチンです

read more →

2016.03.05 ソラマドの大工さん

みなさんこんにちは! 今日は由布市狭間町の、のどかな平屋のソラマド現場の様子のご紹介。 ソラマド大分施工チーム大工棟梁「てっちゃん」の現場です。 相変わらず現場が美しい! 几帳面な彼の性格が出てます。 ボードの釘のピッチも美しい。 最終的に隠れてしまうところも、美しく施工してくれてます^_^ こういうトコロが、やはり大工さんとして信頼してお任せできる証です。 今は腕のいい大工さんが少ない時代です。 こういう職人さんは、ある意味いつまでも仕事が無くなることはありません。 抜き打ち的に現場に行っても、いつもニッコリ笑顔で美しい現場にしてくれてるウチの大工さんや家具屋さん、建具屋さん、左官さん、基礎屋さん、屋根屋さん、住宅設備屋さん、サッシ屋さん、、、いろいろの約30工種の各種職人の皆さ

read more →

2015.12.04 東京ぶらぶら/IFFT商材展

みなさんこんにちは。 今回も前回に続いて、東京でインテリア関係商材を見に行った際の様子をご紹介。 今回の東京出張の主な目的は東京ビッグサイトで開催された「IFFT(東京国際家具見本市)」への参加でした。 IFFTとは、、 ——————————————- IFFT/インテリア ライフスタイル リビングとは IFFT(東京国際家具見本市)にインテリア ライフスタイルのコンセプトが加わりIFFT/インテリア ライフスタイル リビングとして2008年よりスタート。 東京から世界へ向けて「ライフスタイルを提案する」インテリア・

read more →

2015.12.03 東京ぶらぶら/acme furniture

みなさんご無沙汰しておりました。 久しぶりのソラマド大分ブログ更新です。 ソラマド大分公式Facebookでは随時最新情報の更新をやってるのですが、ブログとなると「しっかり書かなければ、、」というプレッシャーから何となく足が遠のいてしまっていました。 プレッシャーに弱いのでw でも、ソラマドファンのみなさん全てがフェイスブックのユーザーさんとも限らないので、やはりブログはブログで更新しとかないとなぁ、、という反省をもとに改めてよろしくお願いします! さて、今回のブログは先日東京にインテリア関係の商材を見に行ったことを書きたいと思います。 まず、いつもお世話になってる「 journal standard Furniture 」の系列会社である「 acme furniture 」( h

read more →

2015.08.30 ソラマドの設計と施工

設計と施工。 この関係性は、車の両輪に似ているそうです。 要は「バランス」なんだと思います。 この両輪がバランスを崩すと、まっすぐに進めないということのようです。 僕はそんな話しを聞いて、何となく思うことがあります。 設計と施工。 何となく、料理で例えるなら「レシピを作るひと」と「調理をするひと」の関係な気がするのです。 どんな料理を食べさせたいか? 「レシピを作るひと」は真剣に考えます。 自分の得意とする分野のテイストで。 「調理をするひと」も真剣に考えます。 そのレシピどおりの料理を、最良の材料を調達し、最良の方法で調理し、そして与えられた予算内に提供するということを。 でも、いつも「中華料理」を作っているコックさんに「フレンチ」のレシピを渡して「このとおりに作ってください」と

read more →

2015.08.20 ソラマドの収納について

みなさんこんにちは。 今日は夏のセンバツ高校野球決勝戦ですね。 仙台育英 vs 東海大相模 結果はどうであれ、ここまで来れてるだけでスゴイことだと思います。 たぶん、彼らの人生で最も印象的な時間のひとつになるんでしょうね。 でも、若者って元気いいですよね。 僕たちの歳(40代前半)であれば、あの炎天下で何時間も野球するなんて命がけです。 僕も23年前は、ラグビーで何時間走ってても3分休めば復活したものです。 懐かしい、、、。 さて、今日は本題の「収納」について少し書きたいと思います。 「収納」というキーワードは、設計プランの打合せでとても大切なキーワードのひとつでもあります。 たぶんですが、ソラマドの「収納」に関してのイメージですが、「少ない」と思ってらっしゃる方が多いのではと思い

read more →
1 2 3 4 5 7

model house

connect with us

  • モデルハウス見学
  • お問合せ